中国経済の中心都市上海へ出張

仕入れの視察と現地不動産の視察を兼ねて上海へ行ってきました。

初上海、初中国!!!
ANAで成田から浦東(プートン)国際空港まで4時間ほど、
空港から市街地方面へは噂のリニアモーターカーで^^
世界で唯一商業運営しているリニアモーターカーで最高時速はなんと423km!
めちゃめちゃ速かったです。対向車線のリニアモーターカーとすれ違うのなんて、ほんの一瞬。
あくまでも噂ですが、リニア線の電磁波が強すぎて、しかも、トンネルのようになっているわけでもなく、普通に外に露出して走っているので、電磁波の影響が周囲に広がって、子供が生まれにくくなっているとか・・・
しかも、このリニア線、市街地の中心部までは行かず、すごく中途半端なところまでしか行かないんですよね。結局リニアの終着駅から、中心地までは地下鉄で15分ほどかかりました。
最初の二日間は上海市内のシルク問屋や不動産屋を視察しまくり、なかなか面白いビジネスのタネもゲットしてきました♪
二日目の夜は、ヨーロッパの租界の名残がある外灘へ!
ここだけ、ホントに中国であることを忘れてヨーロッパに来たような感じがしましたね。
そしてそして!同行していた先輩経営者の方にサプライズで、貸切クルージングをプレゼントしていただきました^^
ヨーロッパのような美しさはありませんが、やはり圧倒的な経済成長を感じました。
街には、ロールスロイス、フェラーリ、ランボルギーニなどなどスーパーカーがバンバン走っていて、日本よりもはるかにお金の匂いがしました。
物価もあまり日本と変わらなくてびっくりしました。
日本に来た中国人が爆買いしてますが、「あら、日本ってもっと高いイメージだったけど意外と安いのね、たくさん買っていくわ〜!」ってなるのも納得です。
三日目は新幹線で上海から40分ほど、蘇州まで一人旅。
新幹線に乗る上海駅
蘇州の山塘街
無難な観光をして、よっしゃ上海に戻るか、と駅へ向かうと、、、
通勤ラッシュにはまり大混雑。
蘇州駅には券売機はなく、カウンターで切符を買わなければいけないのですが、
そのカウンターまで長蛇の列で30分ぐらい並んだでしょうか。
そして、、、
「本日の上海行きの切符は売り切れました!」
ってなってました。。。
カウンターの職員は誰も英語話せないみたいでどうすればいいのか聞くことすらできず・・・・・・
結局、後ろにいた人が英語も少し喋れたので聞いてもらい、上海の端にある別の駅、上海虹橋駅までの切符を買うことができ(それも2時間後発車の切符で結構待ったな〜)無事に帰ることができました。
中国へ行く時は、少し地方に行くと全く英語通じなくなるので、必要最低限の中国語はメモっていったほうがいいですね。教訓です。
これから上海で仕事をすることはまだなさそうですが、新興国の経済発展具合を目の当たりにできてよかった。
今度中国方面に行くなら、香港がいいですね。
では、また!
再見!!
〜Sei〜

Related posts