2:夢と目標の違い

「夢」も「志」と同じく、概念を言葉にしにくく、
人によって様々なイメージを持つことと思います。

また、似た概念に「目標」がありますが、
まずはそれらの違いを確認していきましょう。

「夢=自分の人生の中で叶えたい望み」

と定義しておきます。

「志」は社会性を伴う、つまり他人や社会に対して
貢献したいと思うものであるという性質がある一方、
「夢」は自分の幸せや願望に沿っているものであるといえるでしょう。

「夢=究極の自己満足」とも言えるかもしれません。

「夢」とよく混同される「目標」にも様々なイメージを持たれると思います。ここでは、

「目標=今の自分のレベルのままでも頑張れば達成できるもの」

「夢」が今の自分のレベルからかなりレベルを上げなければいけない、
別人に生まれ変わるように進化しなければ成し遂げられない、
夢は、今は現実味を帯びないものであるのに対し、
「目標」は直近で達成するべきもので、
現実味を帯びているものであるという違いがあります。

つまり、自分のレベルが上がるにつれて、
かつては「夢」であったものが、
いつしか「目標」に変わるということです。

そして、その時には、
「次の夢」を持っていることが望ましいです。

「志」、「夢」、「目標」というのは曖昧な概念であるため、
人によって定義は異なってくるものですが、
ここでは以上のような定義として考えたいと思います。

◆「志」の例
・社会にデジタル革命を起こし、人々の便に寄与する。
・日本の教育を能動的でグローバルなものに変える。
・多くの人々が笑顔で暮らせる社会を作る。

◆「夢」の例
・起業して会社を上場させる。
・世界を飛び回ることが仕事になっている。
・プール付きの豪邸に住む。

◆「目標」の例
・大学を卒業する。
・志望の就職先に内定する。
・会社の売上を昨年比10%増にする。

まとめ

志=人生をかけてコミットすること
*社会に対して実現したいもの。

夢=自分の人生の中で叶えたい望み
*自己に対して実現したいもの。

目標=今の自分のレベルのままでも頑張れば達成できるもの
*夢の下位概念、現在において現実性を伴う。

〜SEI〜

Related posts